唐突に…天皇は人間になりそこねた

山脈の上に出た朝日と日本⇒力学的強国のロゴ

確か、沖縄のひめゆりの塔を初めて訪れた時に強く思ったことですが…

昭和天皇は毅然として戦争責任をとるべきだったが、米国に利用され続けてしまった。

すなわち、日本国として対外的にも内的にも精神的に精算された戦後はないのだ。
なればこそ、無責任・傲慢が日本の政治・経済社会に蔓延している。

なんて、思っている人達は少なくないんでしょうね。

天皇の地位は、歴史的に余りにも長く利用され続けました…それ自体が罪かもしれません。

利用されることが体質となってしまっている天皇家は、日本人の貴重な文化の一つの要素である
「人間としての恥じ」
を感じる感性に乏しいようです。

つまり、
天皇は人間になりそこねた
んですねぇ。

だからどうだって言うんだ…
戦後は成功裏にきたじゃないか!

それでも、問題は、外的抵抗を引き摺っている原因になっているということですね。

中国・韓国・北朝鮮の徹底した反日教育の結果が具現化し出始める時代に入ってきましたね…

国民の大多数がウンザリしてきてますから、日本は間違いなく力学的強国に向かってハンドルを切っています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。